【事例紹介】テナント 細框ドアへの電子錠交換取り付け

テナント入口の細框(縁部分が細い)ドアについているキーレックスが不調になり、交換のご相談をいただきました。
「キーレックスの後継機種への交換」、「電磁錠の設置」なども含めてご提案しましたが、今回は安田(株)「Smart-Ashley」(スマートアシュリー)への交換となりました。
暗証番号だけでなく、ICカードやスマートフォンアプリなどでも解錠が可能で、利便性が向上しました。

スマートアシュリーは、バックセット38mmにも対応可能で、今回のような細框ドアでも設置可能。
ただ、今回のドアは框が75mmでギリギリの設置だったため、これよりも細くなると電子錠の設置は非常に厳しくなると思われます。

お客様のご要望

  • 不調のキーレックス(047)を交換したい。
  • 機械式よりは、電子錠タイプで考えている。
  • いつ完全に使えなくなるかわからない為、できるだけ早く手配できる製品にしてほしい

お客様に設置場所や運用状況、ご要望をお伺いしたところ、上記のような話をお聞きすることができました。

キーホームサービス アオキからのご提案

  • キーレックス047から交換対応が可能なキーレックスも後継機種として用意されている。
  • 電子錠タイプは框が細く、「スマートアシュリー」(もしくはGOAL「acday」)しか設置が難しい。
  • 配線工事もあり、価格帯が変わるが、電磁錠も設置が可能。

お客様のご要望を受け、当店からはこのような提案を行いました。

キーレックス047の後継機種も用意されている。

不具合が出てしまっていたキーレックス047には、取付穴をそのまま使って置き換えが可能な後継機種が用意されています。
同じキーレックスで、電池が不要である点などもご説明。
今回は、拡張性のある電子錠をご希望いただき、寸法条件などに沿って設置可能な機種をお探しすることとなりました。

電子錠タイプは框が細く、「スマートアシュリー」(もしくはGOAL「acday」)しか設置が難しい。

今回の細框ドアは、機器を設置できる部分(框)の幅が75mmしかなく、ほとんどのデジタルロックは寸法上設置が難しい状況でした。
安田(株)の「スマートアシュリー」は、バックセット38mmの錠前にも設置可能で、機器サイズもギリギリ75mmに収まる為、ご提案しました。
框の幅が75mmよりも細かった場合は、現時点では電子錠の選択肢は無い状態でした。

スマートアシュリーは、同じサイズ・機能にてGOALからも「acday」(アクデー)という名前で発売されています。
この事例では、お客様は少しでも早い交換を希望されていたため、確認時点で納期が早かったスマートアシュリーでのご案内となりました。

配線工事もあり、価格帯が変わるが、電磁錠も設置が可能。

框が細く、電子錠が付けられない場合は、電磁錠の設置がお勧めです。
縦框ではなく、ドアの上部にユニットを設置するため、框の細さに制約を受ける可能性がほとんどありません。
電源はAC100Vを接続するため、電池交換の手間も無し。
オフィスやテナントなどの入り口で使用頻度が高くなる場所でも安心して設置が可能です。

ただし、配線工事などを伴う為、電子錠の設置に比べコストは高くなる傾向にあります。

費用について

費用項目参考金額(税別)
錠前・電子錠 製品価格約72,000円
設置作業費約20,000円~
合計約92,000円~

※上記金額はあくまでも参考価格です。製品価格や作業内容、現場の状況によって変動いたします。
※別途、出張交通費等が発生いたします。


お客様の状況に合わせて、現場確認・お見積りも可能です。
お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

種類を問わず、カギについてお悩みのお客様は、大阪市城東区のカギ屋「キーホームサービス アオキ」まで是非お気軽にご相談ください!

「LINE公式アカウント」からは、画像の送信なども含め簡単にお問合せ可能です。

電話やメールでもお問合せいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました