賃貸物件オーナー様へのご提案

この記事は約7分で読めます。

賃貸物件のセキュリティ対策空室対策として、オートロックやカギの運用を見直すことは、入居の決め手に繋がります。
マンションやアパートなど、物件の条件に合わせ最適な製品・プランをご提案いたします。

この記事では、賃貸物件オーナー様、大家様へお勧めのセキュリティ関連の取り組みについてご紹介いたします。
物件のセキュリティについてお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

種類を問わず、カギについてお悩みのお客様は、大阪市城東区のカギ屋「キーホームサービス アオキ」まで是非お気軽にご相談ください!

「LINE公式アカウント」からは、画像の送信なども含め簡単にお問合せ可能です。

共用エントランスへオートロックの導入

共用エントランスのオートロックシステムは、すでに当たり前になりつつある人気の設備です。
オートロックの設備が備わっていることは、物件の付加価値を高め、物件検討の候補に残ることに大きく関わります。

現在のエントランスにオートロックシステムが無いような場合でも、物件の状況に合わせ、様々な方法で新たにオートロックシステムを設置することが可能です。

ロビーインターホン(集合玄関機)を含むシステム

もっともポピュラーな、ロビーインターホン(集合玄関機)を設置するパターンです。

エントランスで部屋番号を呼び出すことで、各部屋から来訪者に対して解錠操作を行うことができます。
利便性が高いシステムですが、何もない状態から後付け設置をするとなると非常に大規模な工事が必要になります。
各部屋からエントランスまでの配線工事などを行うことになり、そもそも後付けが難しい場合もあります。
また、工事規模が大きくなる分、設置コストも高くなる傾向です。

ロビーインターホンの設置についても、物件の状況などに合わせて、実現可能なプランをご提案いたします。

エントランス周りで完結する電気錠システム

暗証番号などで解錠する機器を含む、電気錠システムをエントランスに設置することで、入居者(もしくは暗証番号を知る方)だけが出入りすることができる、オートロックシステムを導入する方法があります。

ロビーインターホンを設置する方法に比べ、各部屋から解錠が出来ない分、利便性が下がりますが、各部屋から配線をする必要がありません。
そのため、比較的コストを抑えての導入が可能です。

解錠方法については、暗証番号以外にも、ICカードでの解錠なども選ぶことが出来ます。
学生寮や社員寮などのエントランスでは、ICカードタイプの学生証・社員証を解錠に使うことも可能な場合も。
ICカードでの解錠は、暗証番号での解錠に比べ、関係者以外に解錠方法が広まるリスクが低く、利用者以外の出入りを抑制する対策としても検討いただけます。

エントランスへキーレックスの設置

機械錠の「キーレックス」シリーズにも自動施錠機能を搭載している機種があり、それらを設置することで、暗証番号で解錠を行うオートロックを導入することが可能です。

キーレックスは完全なメカニカルな仕組みで動作するため、電池交換を行う必要がありません。
設置の際に配線工事が不要で、低コストにて導入が可能です。

各居室玄関への電子錠導入

賃貸物件オーナー様からのご相談で増えているのが、入居者が変わる際の「シリンダー交換コスト」についてです。
入居者のセキュリティへの意識も高まっており、新規入居時にシリンダー交換を行うことは、もはや「当たり前」という状況になってきています。

そうなると、気になるのがシリンダー交換のコスト。
短いスパンでの入れ替わりがあると、その都度シリンダー交換費が発生することになります。
対策として、ほかの空室やストックしているシリンダーとローテーションを行う対応もありますが、カギ屋としてはお勧めとは言えません。

そこでご提案できる取り組みが、「電子錠の設置」です。

エントランスにオートロックシステムの導入が難しい場合でも、各居室に自動施錠機能がある電子錠を設置することで「オートロック」物件としてアピールすることが出来る場合もあります。

暗証番号やICカードで解錠できる電子錠は、それらの設定をリセット・変更することで、本体はそのままに以前の暗証番号やICカードでは解錠できなくすることが出来ます。
賃貸物件で考えると、入居者が変わる際に暗証番号を変更したり、ICカードの情報を削除することで、退去者は部屋に入られなくなります。

イニシャルコストは必要になりますが、シリンダー交換コストが不要になり、ランニングコストを大幅に圧縮可能です。
※電池交換などのコストは必要となります。

キーホームサービス アオキでは、お客様のご要望や物件の状況に合わせて、最適な製品やプランをご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

キープランの見直しのご提案

「マスターキーシステム」を構築することで、カギの管理が煩雑になることを防止することが出来ます。

また、入居者が変わる際に、シリンダーを交換しなくてもカギの配列が変わる「チェンジキーシステム」のご提案も可能です。

お客様に最適なキーシステムを導入することで、ランニングコストの削減にもつながります。
現在ご使用の錠前やシリンダーに合わせて最適なプランをご提案いたします。

エントランスのキースイッチを見直し

エントランスについているキースイッチ(シリンダー)は、使用頻度がとても高くなりがちな部品です。
その分、消耗も早く、頻繁に交換が発生する傾向があります。
このキースイッチをカギタイプから、非接触タイプへ変更することも可能です。
製品によっては、既存のキースイッチは残したまま、非接触リーダーを増設することが可能な場合もあります。

シリンダーの使用が無くなる、もしくは使用頻度が低くなることで、トラブルが発生するリスクを避けることに繋がります。

また、同じICカードやICタグで解錠できるリーダーを通用口などにも設置することで、利便性の向上の取り組みにもなります。

通用口などの利便性向上プラン

エントランスに立派なオートロックシステムが設置されていても、通用口などが未施錠になっており、せっかくのセキュリティ対策が正しく機能していないような場合があります。

通用口などのカギを見直したり、ドアクローザーなどの修理を行うことで、本来の状態に戻すことも可能です。

また、通用口などのカギ以外にも、ゴミ庫への自動施錠カギの設置なども利便性の向上や、部外者による無断のゴミ捨て防止など、景観・治安向上に繋がる取り組みになります。

キーホームサービス アオキでは、お困りごとに合わせて、カギの交換やドアクローザーなどの修理にも対応を行っております。

通用口などのカギの見直し

非常階段出入口や駐車場からの入り口など、通用口として使われている場所のカギは、メインエントランスに比べて運用やセキュリティに対する取り組みがあまり出来ていない場合もあります。

手動施錠のカギを使っていると、入居者がカギをかけ忘れ、せっかくのオートロックに意味がなくなってしまうことも…。
錠前を自動施錠対応の機種に変更するだけでも、セキュリティ向上に繋がります。

また、電磁錠などの電気錠を設置すれば、メインエントランスと同じように、ICカードや暗証番号で解錠を行えるような仕組みを導入することも可能。
物件全体の利便性が向上することで、価値が上がり入居者の獲得にも繋がります!

既存セキュリティの状況やご要望に合わせて提案が可能です。

ゴミステーションのカギの見直し

ゴミ庫・ゴミステーションが無施錠のままだと、部外者による無断のゴミ捨てなどトラブルが発生するリスクが高まります。

屋外にも設置ができる電気錠やキーレックスなどの自動施錠機能があるカギを設置することで、入居者以外の利用を防止することが出来、治安の向上にもつながります。
特にキーレックスは電源が不要で、電源の確保が難しいゴミ庫などへも安心して導入が可能です。

KSS特約店であるキーホームサービス アオキでは、確かな専門知識から最適な製品やプランをご提案いたします。

また、電気錠を活用する場合も、電気工事を含む設置工事に対応可能な当店へお任せください!

インターホンの交換

古くなり、不便になってきているインターホンの取り換えについても対応可能です。
カメラ付き玄関機やハンズフリーの室内機に対応しているタイプへ取り替えることで、入居者の満足度アップにも繋がります。

また、各居室のインターホンだけでなく、エントランスの解錠も可能なオートロックシステムへの変更についてもご案内可能です。

防犯カメラの設置

不審者の侵入や、駐車場・駐輪場などへのいたずら、ゴミ庫への不法投棄などを防ぐ、防犯カメラの設置も承ります。

お気軽にお問合せください

種類を問わず、カギについてお悩みのお客様は、大阪市城東区のカギ屋「キーホームサービス アオキ」まで是非お気軽にご相談ください!

「LINE公式アカウント」からは、画像の送信なども含め簡単にお問合せ可能です。

電話やメールでもお問合せいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました